Create ShoのMy Style

愛用している商品レビュー、キャンプ情報、料理動画、地域情報を発信している石原祥訓のライフスタイル

IT関連 フォトショップ

アスペクト比について

投稿日:




こんにちは(^_^)

今回は画像のよく使われている比率「アスペクト比(縦横比)」について、私の備忘録として書き記したいと思います。

今やSNSを活用する際に、写真や動画はつきものですね。

iPhoneなどのスマートフォンやコンデジ、デジイチ、ビデオなどを使って動画に編集する際、それぞれのアスペクト比が違うので編集する際、知っておくと便利です。

アスペクト比とは縦、横の画像の比率を意味し、[3:2]、[4:3]、[16:9]、[1:1]がよく使われています。

それぞれの機材によって写る比率は違うようですが、私の場合

●iPhoneやコンデジは[4:3]
●デジイチは[3:2]
●iPhoneを含むビデオ撮影は[16:9]
●インスタグラムなどは[1:1](スクエア)

です。

では、どんな風に見えるか、画像の切り抜きではありますが、見てみましょう!
 
●iPhoneやコンデジは[4:3]
アスペクト比4:3
 
●デジイチは[3:2]
アスペクト比3:2
 
●iPhoneを含むビデオ撮影は[16:9]
アスペクト比16:9
映画などでも馴染み深い比率で、ある先生によると、人間の視界というのは横長で[16:9]に近いのだそうです。
風景を撮ると、のびのびとした気持ちになれる気がしますね。
 
●インスタグラムなど含む[1:1](スクエア)
アスペクト比1:1

今や4Kの時代ですが、1920×1080[16:9]のアスペクト比でYouTubeなどはアップされています。

静止画と動画を組み合わせ動画にする際、静止画を1920×1080に切り取ると違和感のない動画になります。

私自身もよく忘れてしまうので、備忘録として書き留めておきます。

最近のマイブームは動画で、自撮り棒やビデオ機材なども買って動画撮影を行っています。
編集が追いついていないので、出来上がったら見て下さい(^_^)v

それでは、また。







-IT関連, フォトショップ
-, ,

Copyright© Create ShoのMy Style , 2017 All Rights Reserved.