CreateShoのMyStyle

料理動画、オススメ商品のご紹介、アウトドア、地域情報を発信している石原祥訓のライフスタイル

節分




食あれこれ

「節分」豆知識パート3

投稿日:

前回は、「鬼」についてお話しましたね(^^)

今回は、「恵方巻」についてです。
恵方巻が節分に食べられるようになった由来は
いくつか説があって、明確なものがどれかはわからないといいます。

節分一つの有力な説としては、

江戸時代の終わりごろに、大阪で商人たちが
「商売繁盛」や「厄除け」の願いをこめて
節分に食べたという話しがあります。

「恵方巻」という名称は、1998年にセブンイレブンが全国販売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされているようですね。

太巻きには7種類の具材を使うとされています。
その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神にちなんだもので、

福を巻き込むと

意味づけされているようです。

別の解釈もあり、

太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説もあるようです。

では、食べ方のルールはどうでしょうか?

1・太巻きを1人に
  一本準備する。
 自信が食べられるサイズの太巻きが良い😅 ですね。

2・恵方を向く
 恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)のいる方角で、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされていますよ✨

  2017年の恵方は、
  北北西やや北です。

3・願い事をしながら、黙々と最後まで食べる。
 食べ終わるまでしゃべらない、
 目を閉じる、笑いながら食べる、という説もあります(^^)/。
いかがですか?
今年の節分、あまりルールにこだわらず、各ご家庭やお仲間たちと

楽しく!笑顔で!

節分行事をしてみてくださいね。

「笑う門には福来る」です(*^^*)

※恵方巻は巻き寿司。
 節分は過ぎてしまいますが…、

2/18(土)の寿司体験講座「巻物」編

参加者募集中です‼

NPO法人 日本ホテルレストラン経営研究所 
和食文化伝承 食育推進機構







-食あれこれ

Copyright© CreateShoのMyStyle , 2017 All Rights Reserved.